横浜市大名誉教授/客員教授
前横浜市大第一内科(リウマチ・血液・感染症/呼吸器内科)教授
石ヶ坪 良明

ご挨拶

横浜市大に入学し、横浜市大旧第一内科(リウマチ・血液・感染症/呼吸器)の教授として定年を迎えました。
教授就任後は、全国から紹介された多くのリウマチ・膠原病患者さんを診療させていただきました。第一内科の各診療グループの協力を受け最先端の専門性を生かしながら、幅広い視点からの診療を常に心がけてきました。
今回 地元の皆様に少しでもこれまでの恩返しができればと思い、市川理事長からのお誘いを受けることにしました。
リウマチ・膠原病患者さんの診療を中心に、幅広いニーズを満たせるような医療を提供できればと思っています。

略歴

1975年 横浜市立大卒。
2年間の研修後(内科、外科、皮膚科)、横浜市大第一内科に入局。膠原病グループに席を置き、関連病院で消化器/呼吸器/循環器疾患などを対象に、一般内科医として臨床で研鑽を積む。
1983年 学位取得(医学博士 横浜市立大学)
1985年 米国のNational Institutes of Healthに2年間留学し、Steinberg博士のもとリウマチ学の研究に励む。帰国後、第一内科帰局。
1998年 横浜市大第一内科教授就任。リウマチ関連の基礎・臨床分野で広く貢献。臨床では、日本に関節リウマチへの関節エコー検査の有用性を広めた。厚生労働省のベーチェット病班長を6年勤め、特殊型ガイドライン作成および世界的に病因解明に貢献。
2013年  31年ぶりに日本で国際学会を主催。
2015年 横浜市大定年後は、横須賀市民病院院長兼横須賀リウマチセンター長として勤務後、日本の医療の実態を探るため、全国20か所の病院を総合臨床医として勤務、視察。
2017年  医療法人 横浜グリーンクリニック 横浜リウマチ・内科クリニック 院長就任。

所属学会

日本内科学会  認定医/功労会員
日本リウマチ学会  専門医/指導医/評議員
日本臨床リウマチ学会  功労会員
日本アレルギ-学会  専門医/指導医/功労会員
日本感染症学会  専門医/指導医/評議員

ほか、米国リウマチ学会、国際ベーチェット病学会など
多数の国内外の基礎・臨床学会に所属

院長のくわしい実績などをまとめたホームページはこちら 

循環器、心臓の疾患でお困りの方は、本院横浜グリーンクリニックへお越し下さい。詳しくはこちら